タグ:BCリーグ

  • 田澤純一、“田澤ルール”の撤廃に感謝 「NPBの舞台でもプレーできたら」

    日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとする「田澤ルール」の撤廃が決まった。ルートインBCリーグ埼玉武蔵・田澤純一投手は「ルールの撤廃を決めていただいたこと本当に嬉しく思っています」と感謝を口にした。…
  • 「毎週進化している」 BC栃木入団の川崎宗則、福岡の“弟子”が語る現役へのこだわり

    ムネリンが、栃木にやってくる。元ソフトバンクの川崎宗則内野手が、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入することが28日に発表された。27日までの4日間、練習に参加して環境面などを確認。20歳前後の若手に混じって、軽快プレーも披露し「試合に出ていろんなプレーをしたい」と意欲を見せていた。衰えを知らない好奇心と、現役にこだわる潔さ。その原動力の一端を、身近で見てきた人がいる。…
  • 元鷹・川崎宗則のBC栃木入りが正式決定、背番号「52」 西岡剛との「世界一の二遊間」復活も

    独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは28日、元ソフトバンクの川崎宗則内野手の加入を発表した。川崎は24日から4日間にわたって練習に参加し、環境面などを確認。シーズン終了の10月まで約2か月間プレーすることになる。契約開始は9月1日からで背番号は「52」に決まった。…
  • 「セブンイレブンが天国でした」元DeNA、ロッテの助っ人が語るBCリーグ時代

    DeNAやBCリーグ・信濃グランセローズなどでプレーし、2018年に34歳で念願のメジャー昇格を果たしたブランドン・マン。翌2019年にはロッテと契約し1年限りで退団、レンジャーズに戻るも新型コロナウイルス感染拡大による開幕延期でリリースとなった。20年近いキャリアのなか、NPBや日本の独立リーグでの経験をどう捉えているのか。米野球専門データサイト「ファングラフス」のインタビューで語っている。…
  • 【私が野球を好きになった日】篠塚の華麗な守備にバーフィールドの強肩…元G戦士が憧れた幼少時

    本来ならば大好きな野球にファンも選手も没頭しているはずだった。しかし、各カテゴリーで開幕の延期や大会の中止が相次ぎ、見られない日々が続く。Full-Countでは選手や文化人、タレントら野球を心から愛し、一日でも早く蔓延する新型コロナウイルス感染の事態の収束を願う方々を取材。野球愛、原点の思い出をファンの皆さんと共感してもらう企画をスタート。題して「私が野球を好きになった日」――。第9回はルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス・寺内崇幸監督の思い出を紹介する。…

当サイトについて

当サイトは野球をテーマにしたポータル・アンテナサイトです。

当サイトの引用コンテンツは全て例外なく引用元コンテンツ様に著作権が帰属します。

ご迷惑の際にはお手数ではございますが問い合わせフォームまでご連絡頂ければ幸いです。

アーカイブ

ページ上部へ戻る